Cross Technology

Unity、VR、MR、ARを中心とした技術ブログ

ARメガネ「Meta」の購入方法と開発情報

私の場合、Metaを注文してから届くまでに、けっこうな紆余曲折がありました。参考までに経緯を説明します。

1. 注文してから届くまでの経緯

2013/8月頃
  PayPalでPreOrderとして注文

2014/11月頃

『出荷準備ができた。しかし、PayPalでの登録から1年以上経ったので、PayPalとの契約が切れてしまった。もう一度登録してくれ』

という連絡あり。

今までのOrderをキャンセルし、もう一度指定のサイトで登録し、新旧のOrder IDをGoogle フォームに記載すると『三週間程度で届けます』という連絡あり

2014/12月中旬

 三週間超えても連絡がないので、Meta社に問い合わせると、『もう一度手続きするので再度注文してください』という連絡あり。

 何か変だと思ったので「二重Orderになると困るので、先に今のOrderをキャンセルしてください。そしたら再度注文します。ただし、当初割引ありで申し込んだので、その金額にしてほしい」と返答。

 すると、数分程度でYour Order has been cancelledと、『価格調整します』というメールが来たので、再度注文。

2014/12月下旬

『あなたのPayPalアカウントでは引き落としができなかったのでもう一度アカウントを調べてほしい』という連絡あり。

日本のPayPalカスタマーセンターに確認したが問題なし。しかしMeta社では対応できず。

最終的に、再度Orderをキャンセル、再登録してクレジットカードで申し込むことにより、shipping 完了!という連絡と、HongKong Postという香港の物流センターのTrackingIDが来た

「トラッキングの確認は、このメールの到着後48時間程度で有効になります」という連絡の通り、2,3日後より荷物の状況がわかるようになった

正月を挟んだためか、10日程度かかり、自宅に郵送された。


結局、3回注文→取り消しを繰り返しました。。

2. 購入Tips

完全な想像ですが、PayPalでは支払い契約してから一定期間(1年以上)処理が実行されないと、以後の契約がうまくいかないのかもしれません。

(もう出荷できるはずなので、こういうことは起きないかもしれませんが)

自分の経験談ですが、海外の会社から買い物するときに支払いのトラブルがおきた場合、状況を丁寧に説明すればだいたいは何とかなります。困ったら、まず状況把握と英語での説明内容を整理して対応していくのがよいと思います。
                   

3. Metaの開発情報について

         
次の記事ではMeta の使い方やアプリケーションの作り方などを解説したいのですが、Developer Centerへのログインが購入者限定になっています。

(shipping完了時に伝えられるProductIDを使わないとアカウント作成ができない)

そのため、開発に関する内容をブログで公開できない可能性があり、今問い合わせています。Meta社より、『公開してもよいです』という返答がもらえたら公開しようと思います。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

2015/2/18 追記
続報出せておらず申し訳ありません。Meta社からは公開は内容による、という返答を受け取りました。ただ、Meta社に説明する用の記事作成などに時間が取れなくなってしまったため、ブログでの更新は中断とさせてください。