CrossRoad

Unity、VR、MR、ARを中心とした技術ブログ

OcuFes2015夏の概要と出展作品の感想をまとめました

VRコンテンツの出展イベント「OcuFes2015夏」に出展しました。今回は、自分の出展内容を中心に紹介したいと思います。

1. 開発動機

元々の動機は、VR内でブラウジング体験したい!、です。VRのブラウジングについては、以前少し調べたこともあります。

【2018/8/20更新】Awesomiumを使って、VR空間でWebブラウザを作る方法 - Cross Technology

しかしこの方法は、従来のPC向け画面をWebViewとして空間に表示するものであり、VR向けの画面というわけではありません。そこで今回は読み込んだHTMLを解析して、VR向けにデザインしたカードに収まる仕組みを作ることにしました。

2. 出展した作品について

自分で作ったUnbouded Space3のポスター

このような作品を作りました。過去に2回シリーズとして作っていたので、今回はver3ということで、Unbounded Space 3としました。

(2015/9/5追記)
内容は以下の紹介動画をご覧ください。


3. ご来場者の感想

  • 平日だから来場者は少ないのでは?
  • 見た目が目立つ企業ブースが多いから、個人出展している自分のブースへの来場者は少ないのでは?

と思ってましたが、結果的にはほぼ休憩なしで対応しっぱなしでした。ご体験いただきありがとうございました。

今回いただいた感想はこんな感じです。

  • 面白い
  • 未来を感じた
  • 意外に文字がちゃんと見える。VR向けブラウザとしてすでに使える気がする
  • スマートグラス系のUIとしても使える気がする
  • 今日体験したコンテンツの中で一番よかった。可能性を感じた
  • 製品化のような予定は?
  • マウスではなくてジェスチャーで操作したい
  • スクロール機能がほしい
  • 「検索結果がみつかりませんでした」のUIの表示が白基調の色でまぶしい
  • インターネットからwebページを取得するとき画面が固まらないとよい
  • webページだけでなく動画も見られたらうれしい
  • 株価とか、何かの情報を3Dで視覚化表示できないか?

かなり楽しんでいただけたようで何よりです。いただいたご指摘については今後検討しようと思ってます。
(今回時間がなくて対応しきれなかったところもありますので、、)

4. 今後の予定

まず、今回の開発内容をブログに整理していく予定です。また、動画で見たいというご要望をいただいたので、近いうちに対応予定です。