CrossRoad

XRを中心とした技術ブログ。 Check also "English" category.

ARCore1.9の新機能一覧と、WebブラウザでARがつかえるScene Viewerの環境構築手順

ARCoreが1.9になりました。代表的な機能として、WebブラウザでもARCoreの機能が使えるようになる「SceneViewer」が導入されました。 今回はScene Viewerを試すための環境構築手順をまとめました。 動作環境は以下の通りです。 Android 9.0 iOS 12.2 1. ARCor…

ARCore1.6で追加されたSceneformのRecording機能を試してみました

これは Oculus Rift Advent Calendar 2018の11日目の投稿です。昨日は@stupid_student2さんのOculusGoコントローラでオブジェクトを掴んで投げてみる - Qiitaでした。 本日はARCoreのSceneformについてです。 0. はじめに 1. Scenformとは何か? 2. Scenefor…

【Unity-ARCore】Augmented Imagesで風景をARマーカにする

ここ最近、ARCore1.2を調べてます。今回は、ARCore1.2の新機能のうち、まだ手つかずだったAugmented Imagesについて調べてみました。Augmented Imagesはマーカを認識するとCGを重畳表示する機能です。ARToolKit、Vuforia、SmartARなどでもよく使われています…

ARCoreで保存したPoint Cloudを色付きでUnityに出力しました

前回、ARCoreのPoint CloudをAndroidスマートフォンに保存する方法を紹介しました。【Unity】任意のパスにARCore Point Cloudの値をcsvで書き出す - CrossRoad今回は、Point Cloudに一致する色情報を出力する方法をまとめました。なお、以下の環境で動作を確…

【Unity】任意のパスにARCore Point Cloudの値をcsvで書き出す

ARCoreに関する記事ですが、UnityでAndroidスマートフォンの任意の場所にファイル を書き出す手順が主に書かれています。

【ARCore1.2.0版】iPhoneとAndroidでCloud Anchorの環境構築

2018/5/8-10に開催されたGoogle I/Oで、ARCoreのver1.2が発表されました。その中にはCloud Anchorという新機能もありました。ARCore overview | Google DevelopersCloud Anchorとは、ARCoreによって認識した環境情報をクラウド上にアップロードし、他の端末…