CrossRoad

AR、MR、VR、Babylon.jsを中心とした技術ブログ。 If you're non-Japanese native guys, check "English" category.

Babylon.jsで動くサイトをPWA化する手順について

Babylon.jsを使ってOculus Quest向けのアプリを作ろうとすると、ネットワーク接続が必須になります。そのため、自宅以外では動作確認がしづらくなります。 そこで、Progressive Web App(PWA)で解決ができないかを調べることにしました。 PWAをうまく使うと、…

【2019/9/18追記】Immersive Web Meetup#1の全講演をまとめました

先日、WebXRとWeb Musicに関する勉強会が開催されました。少し時間が経ってしまいましたが、ブロガー枠での参加というのもあり、当日の講演内容をまとめました。 主催者のRyoya Kawaiさんのまとめは下記の通りです。 ryoyakawai.com (2019/9/17追記) 参加者…

【2019/8/28追記】xR Tech Tokyo #17 の全講演をまとめてみました

すでに何度か参加報告を書いてますが、昨日、XR系のイベント「xR Tech Tokyo #17」に参加しました。今回はLT枠で発表をさせていただきました。 今回もXRおよび関連技術の発表が興味深かったのでまとめました。他の方のまとめはこちらです。 bibinbaleo.haten…

Edgeブラウザの先行版Canary Channelで搭載されたDOMの3DView機能を試してみました

先日、このようなツイートがありました。 Inspired by @FirefoxDevTools' Tilt feature, we just released the 3D DOM viewer in Edge Dev/Canary builds 1) Enable Developer Tools experiments in about://flags2) Ctrl+Shift+P > "Experiments" > "Enabl…

アプリ開発者目線で、OpenXR1.0のサンプルコードの概要と動作を確認しました

前回、Windows Mixed Reality OpenXR Runtimeについて書きました。 www.crossroad-tech.com このときはソースコードの話がなかったので、今回はOpenXRのサンプルコードを元に動かした話を書きました。 以下の環境で動作を確認しています。 Open XR API (vers…

OpenXR1.0で公開されたMixed Reality OpenXR Runtimeの準備手順をまとめました

OpenXRという規格があります。簡単に言うと、(主に)VRコンテンツを作る手段、VRのためのヘッドセットが多数あるので、ハードウェア、ソフトウェアの双方の開発を楽にしようという規格です。2019年の3月にバージョン0.9の仕様が公開され、先日1.0になりました…

Babylon.jsでOculus Questのコントローラを使ってオブジェクトを移動させる方法

Babylon.jsはWebVRコンテンツを作る仕組みが色々と揃っていますが、コントローラでオブジェクトを移動させる機能は入っていません。 そこで、Babylon.jsのメソッドを利用して作りました。今回は作り方を紹介します。 1. Babylon.jsにはコントローラのrayが当…

Babylon.jsでglb形式の建物モデルを読み込み、Oculus Questでテレポート移動させる方法

Babylon.jsでOculus Questのコントローラ入力の方法がわかってきたので、今度はテレポート移動を試してみました。 このようになります。 今回はこのテレポート移動を実現するための方法だけでなく、表示した博物館のモデルを読み込む手順も書きました。 1. …