Cross Road

Unity、VR、MR、ARを中心とした技術ブログ

UnityARKitRemoteでデプロイせずに動作確認をする方法と、Tipsあれこれ

f:id:Takyu:20171210195016j:plain

Appleから発表されたARKitは、Xcode用のサンプルだけでなく、Unityのプラグインも公開されており、Unityでアプリ開発が可能です。

しかし、UnityでiOSアプリを作る場合、UnityでXcodeプロジェクトをビルド、XCodeからiOSデバイスにデプロイ、という2段階の手順が必要で少し手間がかかります。しかし、ARKitではUnity Editorで手軽に実行できる環境が準備されていました。

手順については、ARKit用のunity pluginの中にReadmeがあります。また、日本語で手順を解説されている方もいらっしゃいます。

ただ、私の環境では公式の説明だけでは動きませんでした。そこで、つまづいたところを補完して手順を整理しました。


【実行環境】
Mac OSX 10.12.6
Unity 2017.2.0f3
iOS 11.1.2
Xcode 9.2

目次

1. 大ざっぱな考え方

手順1:iOSデバイスにリモート操作用のアプリをデプロイ

手順2. Unity Editorでリモート操作用のPrefabをシーンに追加

手順3. Editor実行時にconnection操作を実行

2. Tips

3. おわりに

続きを読む

【XCode9.2版】Preparing debugger support for iPhone の対処方法

iOSアプリデプロイ時のエラー画面

XcodeでiPhoneにアプリをデプロイする方法は以前紹介したとおりですが、今回、タイトルのようなエラーがでてデプロイが進みませんでした。


簡単なメモですが、対処方法を記載しておきます。
(2018/5/12 対策(4)を追加)

続きを読む

当ブログにおけるプライバシーポリシー

当ブログについて

当ブログでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
そのため、「Cookie」を通じて情報を収集することがあります。「Cookie」はブログ訪問者が当ブログにアクセスした際、使用するコンピュータに記録される情報です。ただし、記録される情報には、訪問名やメールアドレスなど個人を特定するものは一切含まれません。

当ブログに掲載されている広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、。GoogleやGoogleのパートナーは、当ブログや他サイトへのアクセス情報に基づき、適切な広告をブログ訪問者に表示します。
この機能はCookie無効化により拒否出来ます。その方法はこちらのページの「広告 Cookie をコントロールする方法」をご確認ください。

当ブログが使用しているアクセス解析ツールについて

当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookie無効化により拒否出来ます。その方法はこちらのページの「広告 Cookie をコントロールする方法」をご確認ください。


免責事項

当ブログで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。出典元を明記した上で使用させていただいておりますが、問題ある場合は、お手数ですがお問い合わせフォームよりご連絡をお願いいたします。

出典元がない画像については、自分で撮影したものを使用しております。


すべての記事について、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性を保証するものではありません。

また、不定期に見直しを行っておりますが、見直しが漏れて古い情報が交じることもありえます。

当ブログに掲載された内容によって、損害等が生じた場合においても一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

なお、本免責事項、および、当ブログに掲載している記事は、予告なしに変更・削除されることがあります。

Meta2 について(Unity SDK解説編)

Meta2のアプリ開発方法はUnityかOpenVRの2択があります。しかし、OpenVRはまだ一部しか機能実装されてないようなので、現時点では実質Unity一択と考えて良いと思います。

今回は、MetaのUnity SDKを調べて、構成や使い方を整理してみました。

これまでの開封編、環境構築編は下記をご覧ください。

magicbullet.hatenablog.jp

magicbullet.hatenablog.jp


なお、以下のバージョンで検証しています。

Windows 10 Pro (Version 1703, OS build 15063.726)
Unity5.6.3p1
Meta SDK 2.4.0.24

=====

目次

1. SDKのインポート

2. サンプルシーンから見たSDKの構成

2-1. Button Events (物理ボタンの入力を検出)

2-2. Gaze (オブジェクトを見る)

2-3. HandCubeInteraction (オブジェクトを手で触って操作)

2-4. HandTrigger (オブジェクトに手をいれたことを検知)

2-5. MetaInteractionHalo (オブジェクトを制御したときにハイライトする)

2-6. MetaLocking (オブジェクトの位置を示す矢印を表示?)

2-7. Mouse Cube Interaction (マウスを使う)

2-8. Reconstruction (いわゆるSpatial Mapping)

2-9. TurnTableSwipe (スワイプジェスチャの検知)

2-10. UGUIExample (uGUI部品の操作)

3. 終わりに

=====

続きを読む

Windows10のインストールから始めてWinMR向けの環境を作りました

最近のニュースの通り、Windows Mixed Reality Headsetが各社から発売されました。

japan.cnet.com

多くの方はノートPCで作業されていると思いますが、私はデスクトップを使っており、しかも今回はOSのインストールから実施しました。

あてはまる方はいないかもしれませんが、OSインストールから始めた場合の環境構築手順を整理しました。

続きを読む

Meta2について(環境構築編)

前回から間が空いてしまいましたが、Meta2のセットアップ手順をまとめました。

前回の開封編はこちらです。

magicbullet.hatenablog.jp

なお、Meta SDKのバージョンは2.4.0です。
(スクリーンショットにはv2.3.0のものも混じっています)

=====

目次

0. PCを準備する

1. Meta2 SDKをインストールする

2. ケーブルを接続する (順番が重要)

3. Meta Utility Appで接続状態を確認する

4. 装着する

5. サンプルアプリを試す

=====

続きを読む

XCodeでiOSアプリをつくるときに調べた、UnityとXCodeの違い

以前書いた記事のアクセス数が多いことと、最近注目されているARKitを使って、XCodeでいつかiOSアプリを作ることを想定し、Unityで作る場合との違いを比較してみました。

Unityは使っているけど、XCodeはあまり知らない(私のことです、、)という方の参考になれば幸いです。

以下の環境で確認しています。

・MacOS X 12.12.6
・XCode 9.0
・Unity 5.6.3p1


ちなみに、今回は同じ内容のプロジェクトで比較したわけではなく、XCodeでこうだけどUnityだったらどうか、という観点で書いています。

続きを読む