CrossRoad

Unity、VR、MR、ARを中心とした技術ブログ

2018年以降にSlideShareでPowerPoint/pdfのアップロード失敗、文字化けするときの対応方法

先日、『ARの教科書』輪読会という勉強会で発表をしました。

このときの発表スライドをSlideShareにあげたところ、アップロードに失敗する、アップロードはできたがアウトラインが文字化けする、という問題が発生しました。 最終的に解決したので、今回は解決方法を紹介します。なお、下記の環境で問題の発生を確認しました。

  • Mac OS X 10.14.1
  • PowerPoint for Mac ver 16.19

1. SlideShareとは?

スライドを公開、共有する仕組みです。このページに紹介があるとおり、2006年から開始したLinkedInのサービスです。

Welcome to LinkedIn SlideShare!
80 million professionals trust SlideShare to learn about any topic quickly from subject matter experts. Founded in 2006 with the goal of making knowledge sharing easy, Slideshare joined the LinkedIn family in 2012 and has since grown into a top destination for professional content. With over 18 million uploads in 40 content categories, it is today one of the top 100 most-visited websites in the world.

引用元:About Us

使い方については、すでに多数の紹介記事があるので省略します。たとえば下記の記事は、アカウントの登録、スライドのアップロード方法だけでなく、Googleドライブからスライドを登録する方法、SlideShareに動画を埋め込む方法まで書かれているので参考になります。

SlideShareの使い方を解説〜プレゼン資料をスライドショーで公開しよう|ferret [フェレット]

2. SlideShareでアップロードトラブルと解決方法

2.1 Oops, something went wrong. Upload failedというエラーが出る

自分の資料をアップロードすると、Oops, something went wrong. Upload failedというエラーがでることがあります。

SlideShareで日本語タイトルが含まれるスライドをアップロードした時のエラーメッセージ

これは、ファイル名に日本語が含まれていると起きるようです。PowerPoint、pdf形式の2種類で試しましたが100%発生しました。そこで、

「20181129_ARの教科書輪講_10章.pptx」ではなく、「20181129_ReadingCircle_AR_Chap10.pptx」のように、ファイル名を英数字だけにしたところ、アップロードに成功しました。

ただ、少なくとも2017年の10月時点に下記のスライドをアップロードしたときは、「20171015_XR女子部_コミュニティ活動のすすめ.pdf」というファイルをアップロードしたので、日本語を含むタイトルでも問題はなかったです。

www.slideshare.net

「slideshare Oops, something went wrong. Upload failed」というキーワードでGoogle検索すると、同様の症状報告が数件出ましたが、いずれも2018年以降でした。

2.2 アップロード後、アウトラインが文字化けする

アウトラインとは、SlideShareのページの赤枠の範囲のことです。

SlideShareのアウトライン表示箇所

スライドに含まれている文字を各ページについて表示しています。今回、自分のスライドをアップロードしたら、このように文字化けしてしまいました。

SlideShareでアウトラインが文字化けする例

なぜかタイトルは正しく表示され、アウトラインだけが文字化けします。

解決方法は、pdfではなくPowerPointファイルをアップロードすることです。多少時間はかかりますが、PowerPointファイルを英数字タイトルにしてアップロードすれば成功します。

以下がアップロードに成功したスライドです。アウトラインも日本語で表示されています。

www.slideshare.net

3. 終わりに

蛇足ですが、MacのKeynoteで作ったスライドをアップロードする場合、Adobe Acrobatでpdf化してからアップロードしないと日本語フォントが消える、という問題があります。

この時の対処方法が頭にあったので、pdf化で解決できると思い込んでいましたが、今回は逆でした。まずは無事に解決してよかったです。