CrossRoad

XRを中心とした技術ブログ。 Check also "English" category.

【開発者向け】プライベートのFacebookアカウントを使わずにOculus Quest2を開発用端末として使う方法

Oculus Quest2など、Facebook製のVRヘッドセットを使う場合、Facebookアカウントでログインすることが推奨されています。
とくに、最近発売したOculus Quest2では、Facebookアカウントでログインしないと初期設定を完了させることができません。

VRヘッドセットをFacebookアカウントでログインして使うことで、自分のFacebook上の友だちとのコミュニケーションが取りやすくなるというメリットがあります。しかし、純粋にVRアプリを開発したいだけのとき、開発者の立場ではFacebookアカウントとは別のアカウントでログインをしたいときがあります。

公式ドキュメントをいろいろ調べたところ、自分のプライベートのFacebookアカウントを使わずにOculus Quest2にログインする方法を見つけました。少しわかりづらいところもあったので、今回はその手順と補足を説明します。

なお、この方法は最大でも2023年1月1日までしか使えず、Facebookの規約変更によっては書かれた通りにならないことがありえます。
そのため、あくまで2020年11月15日の検証結果ということでご参照ください。
ƒ

1. Facebookアカウントとテストユーザアカウントについて

Facebookアカウントでのログインについて、公式HPにはこのように書かれています。

Facebook社は8月18日(米国時間)、Oculus製品のログイン方法について、重要なアップデートを発表しました。2020年10月から下記のように変更になります:
・初めてOculus製品を使用する際、Facebookアカウントでのログインが必要になります。
・すでにOculusアカウントを持っている場合、FacebookにログインしてOculusとFacebookのアカウントを統合することが可能です。
・既存のアカウントで統合を選択しない場合でも、2023年1月1日まではOculusアカウントを継続することができます。

引用元:Oculusのログイン方法に関するアップデートとソーシャルVRの展開について - Facebookについて

これを読んだときに最初に思ったことが左側、色々調べて検証した結果が右側です。

# 最初に思ったこと 実際に試してわかったこと
1 自分のFacebookアカウントでのログインが必須になる Facebookアカウントでのログイン必須はその通りだが、開発用端末として考える場合、正規手続きで作成したFacebookのテストユーザアカウントでよく、テストユーザ作成には自分のプライベートアカウントは一切使わなくても良い
2 Oculusアカウントを持っている場合、自分のFacebookアカウントと統合を推奨される テストユーザのFacebookアカウントを使うことで、自分のプライベートアカウントでの統合は気にしなくて良い
3 Oculus 開発者アカウントはもう作れない Oculus for Developersのページから新しい開発者アカウントを作ることができる

ということで、結論から先に書くと、Oculus for Developersで開発者アカウントを新規作成し、この開発者アカウントを元にテストユーザ用のFacebookアカウントを作成してOculus Quest2にログインすることができます。一連の準備作業で、自分のプライベートFacebookアカウントは一切必要ありません。
Oculus Quest2を使って友だちとのコミュニケーションを全て体験することはできませんが、UnityやUnreal Engine、WebXRを使ったアプリ開発をするだけならば十分だと思います。

2. テストユーザーアカウントとは?

アプリ開発用にOculus製のヘッドセットにログインするためのアカウントです。Oculus for Developersのブログでも説明されています。

Starting in October 2020, there will be two options for logging into your Oculus devices for development purposes with full testing and demoing functionality:
・a Test User account
・your personal Facebook account

引用元:UPDATED: Upcoming Changes to How You Log In for Development and Use Your Oculus Dashboard + Developer FAQ | Oculus

ということで、開発目的であれば、テストユーザーアカウントか、自分のプライベートのFacebookアカウントのどちらかを使うことでOculus製のヘッドセットにログインすることができます。テストユーザーアカウントについて、詳しくはこちらに書かれています。

Test Users | Oculus Developers

また、こちらの記事ではテストユーザーアカウントを実際に作られたことが書かれています。

bibinbaleo.hatenablog.com

ただ、自分のプライベートFacebookアカウントを使わなくてもよいかが判断できなかったので、今回は、Oculus開発者アカウント、テストユーザーアカウントを新規作成してOculus Quest2にログインできるかを調べてみました。

3. Oculus開発者アカウントを新規作成する

はっきり書かれていないので誤解されがちですが、Oculus開発者アカウントは現在でも新規作成できます。まずはこちらのページにアクセスして、「Oculusの開発者になろう」を選択します。

Create oculus developer account site

Oculus for Developersのトップページ

すると色々な条項が書かれたページが表示されます。

Prerequisites of Oculus developers account

気になるところは以下でしょうか。
・Facebookアカウントであればフル機能が使えるが、統合されていないOculus開発者アカウントだと一部制限がある
・統合されていないOculus 開発者アカウントは、2023年1月1日を持ってサポート終了となる
・統合されていないOcuus 開発者アカウントを作るには、クレジットカードか電話番号による認証が必要となる
(規約の詳細についてはここでは触れません。気になる方は各自で確認お願いします)

下部にある「統合されていないOculus開発者アカウントを作成」を選択します。今回、6,7年前に作った開発者アカウントとは別のメールアドレス、ニックネームでアカウントを作りました。

指定された項目を入力していくとOculus 開発者アカウントを作成できます。ダッシュボードのページを開くと、このようにクレジットカードか電話番号のいずれかを使って認証する画面になります。

Certify my oculus developer account

どちらかを選択しないと先に進めなかったので、電話番号による認証 (二段階認証) を実行しました。私が使った電話番号はプライベートのFacebookアカウントで使っている番号と同じなのですが、とくに問題なく認証手続きが完了しました。

これでOculus開発アカウントの作成は完了です。

4. テストユーザアカウントを作成する

先ほど作ったOculus開発者アカウントでログインします。

Oculus for Developersのトップページ

組織を作る画面になるので、任意の名称で作ります。

Create organizations on oculus for developers

これでダッシュボードが使えるようになるので、左側のメニューの「テストユーザー」、出てきた画面右上の「テストユーザーを追加」を選択します。

Add test users on oculus for developers dashboard

入力画面が出るので、一通り入力します。後々使いやすそうなので言語はja_JPとしておきます。

Input user info for creating a test user account

ここまで実行するとテストユーザアカウントの作成が完了します。tfbnw.netというドメインのメールアドレスも発行されました。

Test user account list on oculus for developers

アカウント作成時に生成されたメールアドレス、作成時に指定したパスワードを使ってFacebookのページでログインすると、このようにFacebookページにアクセスすることもできます。

a facebook page from a test user account

5. スマートフォンにOculusアプリを入れて、テストユーザアカウントでログインする

iPhoneまたはAndroidのスマートフォンで、Oculusアプリをインストールします。「Facebookでログイン」というボタンを選択して、先ほど作ったテストユーザアカウントのメールアドレスとパスワードを入力してログインします。

なお、「Oculus開発者としてログイン」を選んでテストユーザアカウントでログインしてもアプリとしてはそれっぽい表示になります。しかし、「新しいヘッドセットをペアリング」でQuest2を選ぶと、以下のような画面が出て先に進めなくなります。

Quest2 can not pair by oculus developer accounts

テストユーザアカウントはFacebookアカウントとしてログインに使った方がよさそうです。

初期化済みのOculus Quest2の電源を入れて、画面の指示に従って初期設定を行います。途中、スマートフォンとペアリングしてくださいという表示が出たら、スマートフォンのアプリを開いて指示通りに操作します。
(いろいろ検証した範囲では、Oculus Quest2単独ではセットアップが完了できず、スマートフォンとのペアリングが必須のようです)

ペアリングが完了すると、スマートフォン、Oculus Quest2の画面はこのようになります。

An example of paired smartphone and oculus quest2 by a test user account

Unityなどでアプリ開発してデプロイできるかまでは試していませんが、テストユーザーアカウントでちゃんとログインできたので、おそらくデプロイは問題ないと思われます。

6. おわりに

Oculus開発者アカウント、テストユーザーアカウント、Facebookアカウントと色々出てきて紛らわしいですが、ひとまず自分のプライベートFacebookアカウントを使わずにOculus Quest2にログインする方法を整理することができました。
なんとなく気になって試しただけなのですが、もし今後方法の変更があれば記事も更新したいと思います。