CrossRoad

Unity、VR、MR、ARを中心とした技術ブログ

画面が映らないMac Book Proからデータを吸い出したお話

先週、突然ディスプレイが映らない、キーボード部分が光らない、が起こり、MacBookが壊れました。直前にやっていたことは、After EffectsやPremiere Proで動画編集していたくらいなのですが、、

色々試して、最終的にデータの吸い出しまではできたので、その方法を紹介したいと思います。

1. Macの一般的な復旧方法

ネット検索すると出てくる対応方法は、主に以下のようなものです。

セーフブート起動

shiftを押しながら電源ボタンを押します。セーフブートすると、機能が制限された状態のデスクトップが起動します。セーフブート起動時はメモリをクリアするので、アプリケーションが固まったときは、経験的にこの方法でだいたい解決します。

NVRAMリセット

option + command + P + Rを押しながら電源ボタンを押します。NVRAMは、起動ディスク、画面解像度、カーネルパニック情報などのシステム情報が記録されており、このリセットによって問題が解決することがあるようです。

SMCリセット

control + shift + option(alt)を押しながら電源ボタンを15秒程度押しっぱなしにします。SMC(System Management Controller)は、ボタン、センサ、Macbookの熱管理などを処理しており、これをリセットすることで問題が解決することがあるようです。

2. ディスプレイが表示されない時にやること

キーボード(またはTouch Bar)が点灯しているか確認します。

Mac Book ProのTouchBarの写真

このようにTouch Barが点灯している場合、Mac自体は起動しています。私の場合、外部ディスプレイに接続すると中身を見ることができたし、USBポートやネットワーク経由でのデータの吸い出しもできました。

ディスプレイに何も表示されない時は、まず外部ディスプレイに接続してみることをお勧めします。

ただし、電源を切ってしまうと、今度はキーボードやTouch Barが点灯せず、外部ディスプレイへ接続しても何も表示されませんでした。

NVRAMかSMCリセットを繰り返すことで、数回に1回起動しましたが、最終的には全く起動しなくなりました。

3. 終わりに

今回壊れてしまったMacは買ってから1年半ほどでした。ほぼ毎日使っていたのと、最近は動画編集で負荷がかかっていたことが故障の原因かもしれません。

月並みですが、Macがうまく動かないと思ったら、動くうちにデータのバックアップをしておくのがよいですね。