CrossRoad

Unity、VR、MR、ARを中心とした技術ブログ

Windows10PCのHDDをSSDクローンして交換する手順をまとめました

1年半ほどHDDで頑張ってみました。

しかし、

  • OS起動に5分
  • アプリケーションの起動にたまに失敗するor時間がかかる

が頻発しており、開発がしづらい状態でした。また、普段の開発ではMacを使っていますが、最近Macでできないことが増えているので、思い切ってSSDに変えてみました。

今回購入したSSDはこれの512GBです。

SATA-III 6Gb/s SSD370


また、環境はWindow10 Pro 64bitです。

1.準備

失敗するとOSが起動しなくなる可能性があるので、現在のWindows10PCのバックアップをします。

2.SSDにクローンするソフトをインストールする

今回はTranscendのSSDを使ったので、同社製のソフト「SSD Scope」を入れました。下記です。

SSD Scope - サービス & ダウンロード

3.SSDを接続する

HDDもSSDも、PCのボードとはSATAケーブルで接続しています。またSSD自体に電力を供給するため、電源ケーブルも接続する必要があります。

今回SSDを入れたPCはデスクトップでGTX980を積んでいます。ただ、筐体が小型なので一つずつ外しながら取り付けました。

まず、電源を切ります。ふたを開けたところです。

PCのふたをあけたところ

PCI Expressの端子に取り付けているGTX980を外します。GTX980は、画像の黄色の部分でロックされていました。これをピンセットで上に引き上げることで外しました。

GTX980の固定場所

クローン用にSSDを取り付けたところです。SSDはマザーボードの空きSATA端子と接続します。

4.HDDの内容をSSDにクローンする。

PCの電源を入れ、先ほどインストールした、SSD Scopeを開きます。SATAで接続したSSDは、Windows10のエクスプローラからは見えませんが、SSD Scopeの中では認識されていました。

SSD Scopeを開くと、使用言語を選択する画面がでます。日本語もありますが、あちこちで "??"となっていたので、英語の方がよいかもしれません。ツールの中の「システムクローン (System Clone)」を選択すると、現在のHDDが左側に、先ほど接続したSSDが右側に表示されます。

Transcendのクローン機能開始画面

画像では一つ目が消えてますが、オプションは二つあります。どちらもチェックを入れます。一つ目の「Clone OS Partition Only」は、HDDの中にあるOS領域(通常はCドライブ)のみをクローンします。

それ以外のことはしないので、HDDのCドライブ容量 < SSDの容量の場合、SSDにアクセスできない空き領域が残ってしまいます。

二つ目の「Extend Disk」は、上記の「アクセスできない空き領域」をアクセスできるようにしてくれるオプションです。

(HDDの容量 > SSDの容量だと使えません)

上記2つのオプションを付けたら、あとは開始をクリックするだけです。私の環境では、HDDの使用領域が280GBくらいだったためか、クローンは2時間程度で終わりました。

ちなみに、SSD Scopeを使うと、HDDの内容はクローン後に消去されるようです。

5.HDDを取り外し、SSDを取り付ける。

まずは電源を切ります。筐体が小さいとやりづらいですが、HDDを取り外し、SSDを取り付けます。もう一度電源を入れると、Windowsが起動します。

6. SSDにして変わったこと

起動時間が大幅に短縮されました! 電源を入れてから安定的にWindows10が使えるまでの時間については、これまでは約5分でした。

それが20秒以内になったのは、非常に大きいと思います。また、UnityやPhotoshopなども数秒で起動してくれるようになりました。これでWindowsでの開発も進めやすくなりそうです。