Cross Road

Unity、VR、MR、ARを中心とした技術ブログ

#VR英語 :展示で使う表現の例

VR関係の開発や出展をしていると、外国の方とお話する機会があります。そういうときに少しでも使えたらいいなと思って、過去に聞いた表現とか受けたことのある質問や回答例などを公開していくことにしました。

[ご注意ください]
以降、全ての文例で同様ですが、英文はあくまでも一例であり、他の言い方でも通じる場合が多数あります。

例えばこういう応対がある、というご参考としてください。

=====

目次

1. 案内時に使う表現

2. Oculus Riftを被っているときに使う表現

3. ゲームの内容を説明する

4. 質問されたときの回答表現

5. 質問したいときの表現

6. 感想を聞きたいときの表現

=====

1. 案内時に使う表現

これがxxというゲームです。

This is the game xx.

このゲームでは、ゲームパッドを使います。

In this game, you use a gamepad.

このゲームでは、指の動きを認識するLeapMotionというデバイスを使います。

In this game, you use LeapMotion, which recognizes your fingers.

開始前にキャリブレーションします。手を前にかざしてください。

I calibrate it before starting. Put forward your palm.

JOBA/ほうきに乗って(またがって)ください。

Ride on JOBA/broom.

ヘッドフォンを着けてください。

Put on the headphone.

プレイ中は座ってください。

Please have a seat while playing.

OculusRiftをかぶってください。

Put on the Oculus Rift.

ちなみに、海外のサイトを見ていると、OculusRiftは"Rift"だけで使われる場合もけっこう多そうです。また、Facebookなどのコミュニティサイトでは、Riftを使って開発をしている人=Rifter と呼ぶのを見たことがあります。

2. Oculus Riftを被っているときに使う表現

左右を見回してください。

Look around.

後ろを見てください。

Look back.

(「鳥獣ライド」のように、後ろから何かが追ってくるとき)後ろを見て!

Behind you!

前屈みになってください。

Lean forward. / Stoop down.

右手をLeapMotionの前にかざしてください。

Put your right hand in front of LeapMotion.

右手を目の前にかざしてください

Put your right hand in front of your face.

画面中心の黄色い丸が見えますか?

Can you see yellow circle at center of the view?

画面上部の数字が見えますか?これはスコアです。

Can you see some number at top of the view? It’s your score.


Behind you!は、PlayStation2/Vampire Night | バンダイナムコゲームス公式サイトというゲームで、後ろにいる敵を発見した仲間が言っていり、これで覚えました。

英語音声が入るゲームは、英会話としても覚えるきっかけになりやすいと思います。

3. ゲームの内容を説明する

このゲームでは、しゃがむとエネルギーをチャージし、軽く立つとVR空間内で高くジャンプできます。

In this game, energy is charged during you squat down. You can jump into the air in VR space when you stand up lightly.

このゲームでは、制限時間内に隕石を破壊します。

In this game, you shoot meteorite within the time limit.

顔の動きで画面中央のサークルが連動して動きます

Circle at the center view follows your head motion.

サークルと隕石を合わせると、誘導レーザーが発射されます。

If you overlay the circle a meteorite, homing laser is launched automatically.


Oculusのゲームを説明する時は、ゲームのルールなど、やや複雑な英語で説明しなければならないときもあります。ここでは、いくつかのゲームを想定してルール説明を作ってみました。

4. 質問されたときの回答表現

これは会社として作ったのですか?

Did you develop the content as your company’s work?

はい、xx という会社で作りました。

I developed it in my company XX.

いいえ、個人として作りました。

No, I developed it as an independent developer

これはどこかでダウンロードできますか?

Can I get the content on some web site?

はい、Oculus Shareでxxで検索してください。

Yes, you can find it searching the keyword xx in Oculus Share.

いいえ、まだ公開していません。

No, I have not publish it yet.

このソフトは、今後公開の予定はありますか?

Do you have a plan to publish it?

はい、7月を予定しています。

Yes, we’ll publish it in July.

いいえ、今のところありません。

No, we don’t have a plan to publish it so far.


出展経験のある方は、公開予定をよく質問されると思います。この質問をされるときは、自分の作ったコンテンツに興味を持ってもらえているので、うまく答えて何かにつなげたいところですね。

どれくらいの期間で作ったのですか?

How long did it take you to develop the software?

だいたい2週間くらいですね。

About two weeks.

VRに関する仕事に転職する気はないの?

Do you plan to change your job related with VR?

できればそうしたいです。もしいい仕事があったら紹介してください。

If I find it. Please tell me if you have an offer.

はい、ちょっと考えてます。

I sometimes think about it.

今の仕事が面白いので、今のところは考えていません。

I don’t have a plan to change my job for now, because I enjoy my current job..

当然答えは人それぞれですので、いちおう3通りの回答例を準備してみました。

5. 質問したいときの表現

(外国人と思われる方が来られたとき) 英語で説明しましょうか?

Should I explain in English?

メガネはこちらに置いておきましょうか?

Can I put your glasses on the desk?

プレイ中、鞄はこちらでお預かりしましょうか?

Can I keep your bag during playing?

Oculus Rift で何かゲームをやったことはありますか?

Have you ever played something with Oculus Rift?

(プレイ終了後) 操作方法はわかりやすかったですか?

Is it easy for you to understand how to play?

ご気分は悪くありませんか?

Are you feeling OK?

(たくさん質問があるとき) もしかして取材関係の方ですか?

Are you media person?

お忘れ物はありませんか?

Is there anything you left?

6. 感想を聞きたいときの表現

(ゲームが終わったあと)どうでしたか?

How did you feel?

Twitterで感想をつぶやいてもらえると嬉しいです。

I’m so happy if you tweet your impression about my content.

ちなみに、"tweet"とは、元々小鳥がさえずる、という意味でしたが、Twitterの普及によって、tweet = Twitter上でつぶやく(動詞)、Twitter上のつぶやき(名詞)として辞書に登録されるようになったそうです。

以下、ご参考です。

id.fnshr.info

ネット上で始まったサービスが言葉になって辞書に登録されるまでに至る、というのはちょっと面白いですね。


次回はOculus Riftが故障した時に製造元に問い合わせる、という状況の表現を解説したいと思います。