Cross Road

Unity、VR、MR、ARを中心とした技術ブログ

#VR英語:StarVR紹介記事の表現

FOV 210、解像度5KのHMDに関する紹介記事がありました。

www.roadtovr.com

開発しているのは、 Starbreeze Studioというスウェーデンの会社で、以前はInifinitEyeというコードネームで呼ばれていたそうです。E3では、ショーケースに展示するだけでデモの出展はなかったようです(と読めました)。5K相当というのは気になりますね。

では、今回気になった表現を紹介します。

The team at Starbreeze claim this results in highly detailed scenes with no visible screen door effect.

[訳の例]
Starbreeze Studioの会社は、この結果(解像度5K)によって、スクリーンドアエフェクトなしに極めて精彩なシーンの表現が可能になったと主張した。

screen door effect

日本語の呼び方がわからないのですが、直訳すると網目効果、というものです。OculusRiftのDK1を使った方ならば、初めて使ったとき、画面に少し網目模様が見えたのを覚えていらっしゃるでしょうか。あのような網目が見えることを、screen door effect というようです。

Starbreeze Studioは解像度5Kの高精細なディスプレイを使うことで、そういう網目はわからなくなったと言っています。5K相当が安価に実現したらVRはほんとにすごいことになりそうですね。

Still featuring IR-LEDs for positional tracking, the aesthetics resemblesomething between the Sony Morpheus 2014 prototype and Samsung’s Gear VR.

[訳の例]
ポジショントラッキングにIR-LEDを使用するという特徴はあっても、(StarVRに対する)美学は、Sony Morpheus 2014と Samsung のGearVRの辺りと似ている

resemble とは「似ている」という意味です。「似ている」を意味する英単語は他にもあるので、それぞれの違いがよくわかりませんでした。調べたところ、ここがわかりやすかったので紹介させていただきます。

eitangotsukaiwake.suntomi.com


このブログによると、

resemble : 姿などが似ている

similar : 姿、性格などが似ている

という違いがあるようです。similarの方がより広い意味があるということでしょうか。個人的にはそんなに似ていない気がしますが、今回だと「StarVRはMorpheusとGearVRの中間くらいの外形である」ということになります。