Cross Road

Unity、VR、MR、ARを中心とした技術ブログ

#VR英語 :Oculus Connect紹介文の表現を勉強する

ご存知の通り、数日前にOculus Connect2の発表がありました。せっかくなのでOculusConnect2の発表記事を使って、何か使えそうな表現を解説したいと思います。

Oculus Connectの公式サイトは下記です。

www.oculus.com

=====

目次

1. Oculus Connect2の概要

2. FAQの内容

3. 補足:英語に苦手意識があるときの考え方

=====

1. Oculus Connect2の概要

Oculus Connect 2 is our second annual developer conference where engineers, 
designers, and creatives from around the world come together to learn about 
the future of the Oculus platform and push virtual reality forward.

This year’s Connect will feature keynotes from Brendan Iribe, Michael Abrash, 
and John Carmack, plus everything developers need to know 
to launch on the Rift and Gear VR.

[訳の例]
Oculus Connect2は、2回目になる年1回開催の開発者会議で、Oculus platformの未来について学び、virtual realityを前進させるために、世界中のエンジニア、デザイナ、クリエイターが集まります。

今年のConnectは、Iribe Brendan、Michael Abrash、John Carmackによるキーノートの他に、RiftとGearVRの事業を開始するために、全てのdeveloperが知るべきことを紹介します。

annual

annual というのは「年1回の」という意味です。(annual と付けたということは、今後も毎年Oculus Connectを開催する、という意思表示かもしれません)

関連すると思われる単語で、「anniversary」があります。日本語でも「アニバーサリー」とそのまま使うことがあります。意味は、「(年1回の)記念日」です。

launch on


実は辞書でちょっと調べただけだと、launch on そのものの意味は載っていませんでした。しかし、launch には、「事業などを始める」とか、「新製品などを発売する」のような意味があります。日本語だと「新製品をローンチする(発売する)」という表現を見たことがあります。

ここのlaunch on もRift やGear VRを製品版として発売する、ということなのだと思います。

そうすると、 everything developers need to know to launch on the Rift and Gear VR. とは、RiftやGear VRの製品版を発売するために、全てのdeveloperが知っておくべきこと、となります。製品版に関する重要な情報が発表される可能性が高そうですね。


The Event の下に書いてある文章です。

At last year’s inaugural Connect, nearly 1,000 developers attended engineering 
and design sessions, showcased their projects, connected with fellow developers, 
and experienced the Crescent Bay prototype for the first time. 
As a result of the community’s incredible work, virtual reality is poised to 
transform gaming, storytelling, film, communication, and much more.

[訳の例]
初開催だった昨年度Connectでは、1000人近くの開発者がエンジニアリングやデザインセッションに参加し、それぞれのプロジェクトを紹介し、開発者同士でつながり、Crecent Bayのプロトタイプを初めて体験しました。コミュニティの信じられないほどの働きにより、virtual reality は、gaming、storytelling、filmやコミュニケーションなどに変化する準備が整いました。


[補足]
connected with fellow developersは、直訳すると「仲間の開発者とつながり」ですが、日本語だと少し変なので、意訳しました。

inaugural

知らなかったのでメモしました。「イノーギュラル」のように発音するらしく、「初開催」、「就任演説」のような意味があるようです。

showcased

これは動詞で使っているのは初めてみました。showcaseで、「〜を紹介する」です。showcaseというと、少なくともIT技術関係では「展示」を意味します。

storytelling

英英辞典を調べたところ、storytellingの意味は下記でした。

A feature that enables users to share stories with others using their digital photos and photo management software.

[ほぼ直訳]
デジタル写真や管理ソフトウェアを使って、ユーザーが他の人にストーリーを共有することを可能にする機能。

ここでは360度画像、動画のことだと思います。

2. FAQの内容

5/26 22:50 現在、

What is Oculus Connect 2?

Who should attend?

When is Oculus Connect 2?

は、詳細見られないので、それ以降の内容を確認しました。

Where is Oculus Connect 2?

Oculus Connect 2 will take place at the Loews Hollywood Hotel 
at 1755 N Highland Ave, Hollywood, CA 90028.

[訳の例]
Oculus Connect 2はどこ(で開催されますか)?

Oculus Connect 2は、郵便番号90028 カルフォルニア州 N Highland通り 1755番地 Loews Hollywood Hotel で開催されます。


take placeは「開催される」という意味です。住所については、区別しやすいように日本語と英語を混ぜた表現にしました。書き方は下記を参考にさせていただいております。

www.design-penguin.com

また、アメリカでは州単位をCA(カルフォルニア州)のように、2文字で表現します。

Are hotel rooms available?

A block of hotel rooms has been reserved at the Loews Hollywood Hotel 
(at a special event rate) and will be opened for reservations after registration opens.

[訳の例]
Loews Hollywood Hotel内のある範囲の部屋を、特別価格で抑えました。(Oculus Connect 2の)申し込み(registration)が開始後、部屋の予約ができるようになります。

たしか去年のOCでは、開催期間中、$199/泊で、それ以外は$499/泊か$599/泊でしたので、かなり安くなっていると思います。

ちなみに、アメリカはホテル宿泊時に、部屋単位で料金がかかります。1部屋に泊まれる人数に制限はありますが、4人部屋と書かれていれば、1人で泊まるより4人の方が安く抑えることができます。

When can I register ?

The application and registration process will be announced in June. 
Check back here on the Oculus Connect 2 website for more information.

[訳の例]
どうやって登録すればよいですか?

応募と登録手続きは6月に発表されます。詳しい情報はここのOculus Connect 2 HPを見てください。

How much does it cost to register ?

Oculus Connect 2 registration fees will be $495 for early registration 
and $695 for general registration and on-site registration.

[訳の例]
登録するにはいくら必要ですか?
Oculus Connect 2の(参加)登録費用は、早期登録で$495、通常または現地登録で$695です。

昨年度は$285だったような気がします。開催日程が2日から3日に延びたためか、参加費も上がったようです。

ところで、How much does it cost ?は値段を聞きたいとき全般に使えます。なので、お土産を買うときなどにも使えます。

What discounts are available?

The early registration price is discounted $200 off 
the price of general registration. 

[訳の例]
何か割り引きはありますか?
早期登録費用は、通常登録費用から$200割引されます。

Are accommodations included?

Accommodations are not included in the cost of conference attendance.

[訳の例]
宿泊費は含まれますか?
宿泊費は、会議出席の費用には含まれません。

Can I demo my content for others?

We’re always eager to see content being created in VR. Oculus Connect 2
 will have a designated area, the Developer Lounge, where attendees 
can showcase their own content at demo stations set up specifically for that purpose.

[訳の例]
私のコンテンツを他の参加者にデモすることはできますか?

私たちはVR用に作られたコンテンツをいつでも見たいと思っています。 Oculus Connect 2はDeveloper Lounge として指定された場所があります。ここでは、参加者が「見せたい」、という目的のために特別に設置された場所で自分のコンテンツを披露することができます。

3. 補足:英語に苦手意識があるときの考え方

Oculus Connect 2 will have a designated area, the Developer Lounge, where ...

この where は、日本の文法で「非制限用法」という使われ方です。高校英語で出てきましたが、 where の前にあるものを修飾する(補足説明する)ときに使います。訳すときは、一回文章を終えてから、「ここでは」とか「その場所は」とするとわかりやすくなります。

ところで、私は高校のとき「非制限用法」とか「制限用法」が苦手でした。「2つの文をつなげて、後の文が前の文を修飾します」と言われても、「修飾せずに2つ別々に言ってほしい」と思ったものです。


すこし話がずれますが、日本語でも「遊ぶ」という意味で「興じる」という別の表現があります。「遊ぶ」だけあれば十分でも、「興じる」もあった方が日本語の幅が広がってる気がします。このように、英語でも別々に言う言い方と、修飾する言い方があるのだと思います。


あるときそう思ってからは、英語への苦手意識が少し薄れました。現在英語に苦手意識があったとしても、日本語のように考えていけば「そういうものかな」と思って覚えやすくなるかもしれません。