Unity使いから見た、LumberyardとUnityの違い

この記事は、Lumberyard アドベントカレンダーの18日目の記事です。前回は
PaperSlothさんの投稿でした。

papersloth.hatenablog.com


今回はUnityの使用経験から、LumberyardとUnityの違いについて書いてみたいと思います。

=====

項目

環境構築

プロジェクト作成

シーン

GameObject

素材マーケット

おわりに

=====

環境構築

Unityの場合はsetupassistantのexeファイルから指示に沿っていけば、ほぼ自動でインストールしてくれます。

選択画面も、どのプラットフォーム(例:iOSAndroid、、)に対応しますか?というくらいです。

Lumberyardはインストール後に、SetupAssistantからcustom installを選び、追加ライブラリをある程度指定してインストールする必要があります。

f:id:Takyu:20171218161902p:plain


なお、これを実施しないと、New ProjectのCreateボタンが選択できません。

f:id:Takyu:20171218161620p:plain

プロジェクト作成

Unityの場合、Unityの画面からfile / New Projectで作成します。

f:id:Takyu:20171218163229p:plain

Lumberyardの場合、Project ConfiguratorからCreate Newを選択してプロジェクトを生成します。

f:id:Takyu:20171218163557p:plain

10分くらいかかる、と表示されますが、私の環境では2,3分でした。

(補足1)

しかし、2017/12/18時点では、この通りプロジェクトの作成に失敗します。これについては、PaperSlothさんのブログでも書かれています。

papersloth.hatenablog.com


私は1.12.0 (2017/12/18時点では最新)で試しましたが、解決できませんでした。エラー内容は同じなのですが発生箇所が別でした。

f:id:Takyu:20171218164015p:plain


指定されたファイルをメモ帳で開き、Unicodeエンコードして保存したところ、このファイルでのエラーは消えました。

しかし、再度別のファイルで同じエラーが出たので再度保存したり、

f:id:Takyu:20171218164402p:plain


MFC(Microsoft Foundation)ライブラリをインストールしてください、と出てしまいました。

f:id:Takyu:20171218164252p:plain

現時点でもさらに別のソースでUnicodeの話が出ていて、目処が立たないのでいったん中断しています。

(補足2)

Lumberyardの動作をみたり、スクリプトやオブジェクトを試したい場合、Sample Projectのどれかを開いて、新しくシーン(level)を作るのがよいです。


以下のように実行します。


f:id:Takyu:20171218171224p:plain

f:id:Takyu:20171218171442p:plain

f:id:Takyu:20171218171453p:plain

すると、このように、何もない状態のLevelが生成されます。

f:id:Takyu:20171218171507p:plain

シーン

UnityではSceneとして、一つのステージというか処理を分けることができます。

LumberyardではLevelという概念が同等です。

f:id:Takyu:20171218164804p:plain

この辺りには特に使い勝手などに差はなさそうです。

GameObject

UnityではCGだったり、スクリプトをアタッチするためのObjectを総称してGameObjectと呼んでいます。

Lumberyardだと、Entityという概念が近そうです。Create Entityとすると、Unityでいう空のGameObjectを生成できます。

Inspector Viewの中でコンポーネントを指定することで、いろいろな制御を入れられそうです。

ただ、下記のようにUnityにはいくつかの基本モデルが提供されていますが、Lumberyardではざっと見る限りなさそうでした。

f:id:Takyu:20171218165043p:plain


ということで、Lumberyardで何かオブジェクトを出してみたいと思ったときは、例えばTerrian Editorがよいかと思います。

f:id:Takyu:20171218165745p:plain

f:id:Takyu:20171218165959p:plain

このように、右側のEditorでペイントブラシのようにドラッグしていくと、View側で岩山が生成されます。


素材マーケット

ざっと調べた限り、Unity のAsset Storeに相当するものは見つけられませんでした。

3rd Partyツールと連携や、本体への機能強化で対応していくのかもしれません。


プログラミング言語

すでにまとめられていたので、こちらを紹介させていただきます。

papersloth.hatenablog.com


おわりに

客観的に見ると、現時点では何かさくっと作ろう、というときはUnityがよいと思います。Lumberyardはこれから進化していく、というツールだと感じました。

しかし、ロイヤリティフリーであることから、企業では使いやすいかもしれません。また、CryEngineベースで実績があるはずですし、これからどんな形で進化するかはわからないので、引き続き調査したいと思います。