Cross Road

Unity、VR、MR、ARを中心とした技術ブログ

MacでGitとGitHubを使うための手順

遅ればせながら、GitHubを使うことにしたのでその設定方法をまとめました。

Gitについては色々なところで使い方説明や本があるので、省略します。

GitHubとは、Gitを使ってみんなでソースを共有する仕組み、というところでしょうか。

基本的に無料で使えますが、公開範囲を限定するには有料となります。

最近はいろんな人の作ったOSSがGitHubで公開されていることが多いので、使えるようにしておくと色々便利なようです。

とくに、今回はMacで使うため、GitをMacに導入するところから始めました。

GitをMacに導入する手順

1 .下記よりgitのインストーラを入手し、インストール

Git - Downloading Package

2 .「setup git PATH for non-terminal programs.sh」を/Users/usernameにコピー

macのgitインストーラ

/Users/usernameは、GUI上では家アイコンがある場所。usernameは使う人の環境によって異なります。

3 . setup git PATH for non-terminal programs.shを実行

$ ./setup git PATH for non-terminal programs.sh

4 . スクリプトの指示(下記)に従って、一度ターミナルを終了させ、再起動する。

You will need to log out of your Mac OS X user account and log back in for changes to take effect.

5 . git -versionを入力

$ git --version Unknown option: -version usage: git [--version] [--help] [-c name=value] [--exec-path[=<path>]] [--html-path] [--man-path] [--info-path] [-p|--paginate|--no-pager] [--no-replace-objects] [--bare] [--git-dir=<path>] [--work-tree=<path>] [--namespace=<name>] <command> [<args>]`

GitHubをMacで使えるようにする手順

1 .GitHubのサイトでアカウント作成

github.com

2 . 秘密鍵と公開鍵のペアを作成

$ ssh-keygen -t rsa

passphraseの入力を聞かれるので、任意の文字列を入力

/User/username/.ssh に id_rsa : 秘密鍵 id_rsa.pub:公開鍵 が作成されます。

蛇足ですが、この辺はLPICのレベル2(202)にも出ました。

3 . 公開鍵の登録

id_rsa.pubをviなどで開き、中の文字列をGitHubに登録する。

github.com

Add SSH key ->文字列をペーストしAdd keyをクリック

登録されると、アカウント作成時のメールアドレスにメールが飛びます。

4 . Githubへsshでログイン

$ ssh -T git@github.com

Hi! username〜と表示されればログイン成功。

困ったときはGitHub本家のサイトを見るか、「GitHub ssh 設定」で検索するのがよさそうです。