Cross Road

Unity、VR、MR、ARを中心とした技術ブログ

センサデバイス関係

AR/VR/MRに関するセンサまたはデバイスの情報や開発手法を解説しています。

【ARCore1.2.0版】iPhoneとAndroidでCloud Anchorの環境構築

2018/5/8-10に開催されたGoogle I/Oで、ARCoreのver1.2が発表されました。その中にはCloud Anchorという新機能もありました。ARCore Overview | ARCore | Google DevelopersCloud Anchorとは、ARCoreによって認識した環境情報をクラウド上にアップロードし、…

PubNubとUnityで、仮想通貨取引所BitFlyer APIからTickerを取得しました

少し前になりますが、先月のMeta2体験会に備えて仮想通貨周りを調べたことがありました。 (ここでは仮想通貨の取引所のHPを空間に浮かべるブラウザアプリをデモしました)調べている中で、bitFlyerがPubNub経由で情報を公開していることがわかりました。また…

Windows10のインストールから始めてWinMR向けの環境を作りました

最近のニュースの通り、Windows Mixed Reality Headsetが各社から発売されました。japan.cnet.com多くの方はノートPCで作業されていると思いますが、私はデスクトップを使っており、しかも今回はOSのインストールから実施しました。あてはまる方はいないかも…

Structure Sensorの新しい空間認識技術「Bridge Engine」について

前回は、Structure SensorのアプリをUnityで作る方法を紹介しました。magicbullet.hatenablog.jp今回は、Structure Sensorの新機能「Bridge Engine」について調べた内容をまとめました。 Bridge Engineとは? Structure Sensorの新しい空間認識技術の名称で…

3Dスキャナ「Structure Sensor」のアプリをUnityで開発する方法をまとめました

HoloLensやTangoなど、最近のデバイスは空間認識機能に関するものが増えています。そこで、空間認識機能について学ぶため、iOSデバイスで使える赤外線センサの「Structure Sensor」を試してみました。概要はこちらにまとめられてますのでご確認ください。■St…

GearVR、CardBoard、Milbox Touch対応したゲームの開発方法

この投稿は、5/26 VR Tech Tokyo #1 でお話させていただいた内容の技術的な詳細です。最近、VR向けゴーグルが多数出ており、とくにモバイル向けは数えきれないほどあります。ゲームを作る場合、毎回それぞれのゴーグル向けに作っていると大変です。そこで、…

段ボール製VR HMD「Milbox Touch」の準備から使い方までをまとめてみました

CardBoardのような段ボールを使ったVRゴーグルは、気軽に使える一方で操作方法が限られてしまうという課題があります。先日発売された「Milbox Touch」は、そんな課題を克服するために、ゴーグルの外側に導電性のフィルムを取り付け、フィルムを通じてスマー…

VR空間でWebブラウザを作る

(ニコニコ超会議で使ったパンフレットです)3/8のOcufes@お台場、4/26,27のニコニコ超会議@にて出展させていただいた、Unbouneded Spaceでは、写真、動画、書類などをVR空間に浮かべて制御していました。来場いただいた方からの感想で、かつ自分でもやって…

PSMoveを傾けて仮想ジョイスティックを作る

ニコニコ超会議で出展した"Unbounded Space"にはPSMoveを使っていましたが、開発中、仮想のジョイスティックみたいにできたらいいなー、と思ってました。ちょうどきっかけもあったので原理確認だけ試してみました。こんな感じに動かすことができます。youtu.…

ニコニコ超会議に出展しました

4/26,27にニコニコ超会議@幕張メッセにて、超Ocufesの一つとして"Unbounded Space2"を出展させていただきました。混雑の中ご来場いただき、誠にありがとうございました。参考までに当日のデモ設営の様子を掲載いたします。 今回は以下のようなご意見をいた…

ニコニコ超会議に出展します

ニコニコ超会議(4/26,27 @幕張メッセ)に出展させていただくこととなりました。内容は前回のUnbounded Space改良版です。 前回からの変更点 カードの枚数を30枚->72枚に増量 カバーフロー機能の追加 OculusRiftを軽くたたくことで決定/キャンセルが可能な「Ri…

UnityでPSMoveを使うときの注意点

以前UnityでPSMoveを使う方法を解説しましたが、ここで使ったAsset"UniMove"には少し癖がありました。ということで、ここでそれらの紹介と解決方法を記載します。 以前紹介した記事 Oculus用操作デバイスの検討(PSMove) - Cross Road PSMoveを使うときの注意…

Oculus Festival in Japan@お台場に出展しました(2014/3/8)

昨日出展してきました。たくさんの方に来場いただきありがとうございました。 今回は「未来体験」をコンセプトにして、未来のコンピュータ体験を作りました。発想の原点は「マイノリティリポート」とか、色々な近未来的アニメ、とか「Famo.us : http://famo.…

Oculus Festival in Japan@お台場に出展します(2014/3/8)

明日お台場のビーナスフォートでOcufes出張版が開催され、私も今回展示させていただくこととなりました。今回のテーマは「未来体験」です。もっとVRが広まったら、未来のコンピュータも使い方が変わるはず、ということで未来っぽさをイメージしてみました。 …

Oculus RiftとPSmoveでシューティングゲームを作るための基本準備

==== 2018/4/21 ブログ整理の観点で記事見直し、統合をしました ====今回作りたいゲームはガンシューティングに近いものなので、銃型デバイスとしてPSMoveに注目しています。PSMoveはカメラがないとポジション取得ができないので、今回はPSMoveの傾…

WiiリモコンをMac(Mountain Lion&Mervericks)のマウスにする

[2014/2/9追記] Mervericks(10.9)でも動きました 10/6に、裏Ocufesがあり、自己紹介的なものを発表してきました。急用ができてしまい、残念ながら途中退席してしまったのですが、皆さんの技術が非常に高く、とても有意義な時間でした。うーむ、もっと自分の…

Oculus用操作デバイスの検討(PSMove)

次のOcufesに間に合うかわかりませんが、次回はFPSでの戦闘ゲームを作りたいと思ってます。スパイダーマンもどきで作ったフックショットの移動方法をもう少し活用してみたくなった、というのもあります。 そうすると、さすがにキーボードとマウスでは限界が…