Cross Road

Unity、VR、MR、ARを中心とした技術ブログ

センサデバイス関係

AR/VR/MRに関するセンサまたはデバイスの情報や開発手法を解説しています。

【Unity-ARCore】Augmented Imagesで風景をARマーカにする

ここ最近、ARCore1.2を調べてます。今回は、ARCore1.2の新機能のうち、まだ手つかずだったAugmented Imagesについて調べてみました。Augmented Imagesはマーカを認識するとCGを重畳表示する機能です。ARToolKit、Vuforia、SmartARなどでもよく使われています…

ARCoreで保存したPoint Cloudを色付きでUnityに出力しました

前回、ARCoreのPoint CloudをAndroidスマートフォンに保存する方法を紹介しました。www.crossroad-tech.com今回は、Point Cloudに一致する色情報を出力する方法をまとめました。動作確認環境Unity2017.4.4f1 ARCore SDK 1.2.0 Android 8.1.0 目次 1. Point C…

【Unity】任意のパスにARCore Point Cloudの値をcsvで書き出す

ARCoreに関する記事ですが、UnityでAndroidスマートフォンの任意の場所にファイル を書き出す手順が主に書かれています。

【ARCore1.2.0版】iPhoneとAndroidでCloud Anchorの環境構築

2018/5/8-10に開催されたGoogle I/Oで、ARCoreのver1.2が発表されました。その中にはCloud Anchorという新機能もありました。ARCore Overview | ARCore | Google DevelopersCloud Anchorとは、ARCoreによって認識した環境情報をクラウド上にアップロードし、…

【PubNub-Unity】仮想通貨取引所BitFlyer APIからTickerを取得

少し前になりますが、先月のMeta2体験会に備えて仮想通貨周りを調べたことがありました。 (ここでは仮想通貨の取引所のHPを空間に浮かべるブラウザアプリをデモしました)調べている中で、bitFlyerがPubNub経由で情報を公開していることがわかりました。また…

Windows10のインストールから始めてWinMR向けの環境を作りました

最近のニュースの通り、Windows Mixed Reality Headsetが各社から発売されました。販売開始の「Windows Mixed Reality」ヘッドセット、6機種の特徴を紹介 - CNET Japan多くの方はノートPCで作業されていると思いますが、私はデスクトップを使っており、しか…

Structure Sensorの新しい空間認識技術「Bridge Engine」について

前回は、Structure SensorのアプリをUnityで作る方法を紹介しました。iOS向け3Dスキャナ「Structure Sensor」のUnitySDKまとめ - Cross Road今回は、Structure Sensorの新機能「Bridge Engine」について調べた内容をまとめました。

iOS向け3Dスキャナ「Structure Sensor」のUnitySDKまとめ

HoloLensやTangoなど、最近のデバイスは空間認識機能に関するものが増えています。そこで、空間認識機能について学ぶため、iOSデバイスで使える赤外線センサの「Structure Sensor」を試してみました。概要はこちらにまとめられてますのでご確認ください。■St…

VR空間でWebブラウザを作る

3/8のOcufes@お台場、4/26,27のニコニコ超会議@にて出展させていただいた、Unbouneded Spaceでは、写真、動画、書類などをVR空間に浮かべて制御していました。来場いただいた方からの感想で、かつ自分でもやってみたいなーと思ってたこととして、VR空間でネ…

PSMoveを傾けて仮想ジョイスティックを作る

ニコニコ超会議で出展した"Unbounded Space"にはPSMoveを使っていましたが、開発中、仮想のジョイスティックみたいにできたらいいなー、と思ってました。ちょうどきっかけもあったので原理確認だけ試してみました。

ニコニコ超会議2014の超Ocufesで出展しました

4/26,27にニコニコ超会議@幕張メッセにて、超Ocufesの一つとして"Unbounded Space2"を出展させていただきました。内容といただいた感想などをまとめました。

UnityでPSMoveを使うときの注意点

以前UnityでPSMoveを使う方法を解説しましたが、ここで使ったAsset"UniMove"には少し癖がありました。ということで、それらの紹介と解決方法を記載します。

Oculus Festival in Japan@お台場に出展しました

昨日出展してきました。たくさんの方に来場いただきありがとうございました。 今回は「未来体験」をコンセプトにして、未来のコンピュータ体験を作りました。発想の原点は「マイノリティリポート」とか、色々な近未来的アニメ、とか「Famo.us : http://famo.…

Oculus RiftとPSmoveでゲームを作るための基本準備

==== 2018/4/21 ブログ整理の観点で記事見直し、統合をしました ====今回作りたいゲームはガンシューティングに近いものなので、銃型デバイスとしてPSMoveに注目しています。PSMoveはカメラがないとポジション取得ができないので、今回はPSMoveの傾…

Oculus用操作デバイスの検討(PSMove)

次のOcufesに間に合うかわかりませんが、次回はFPSでの戦闘ゲームを作りたいと思ってます。スパイダーマンもどきで作ったフックショットの移動方法をもう少し活用してみたくなった、というのもあります。 そうすると、さすがにキーボードとマウスでは限界が…