Mac Book Proが壊れたときにデータを吸い出せたお話

先週、突然ディスプレイが映らない、キーボード部分が光らない、が起こり、MacBookが壊れました。直前にやっていたことは、After EffectsやPremiere Proで動画編集していたくらいなのですが、、色々試して、最終的にデータの吸い出しまではできたので、その…

「PubNub」を使って、仮想通貨取引所BitFlyerのAPIからTickerをUnityで取得しました

少し前になりますが、先月のMeta2体験会に備えて仮想通貨周りを調べたことがありました。 (ここでは仮想通貨の取引所のHPを空間に浮かべるブラウザアプリをデモしました)調べている中で、bitFlyerがPubNub経由で情報を公開していることがわかりました。また…

Meta2 SDK is updated to 2.6! More stable and new feature "Limited Mode"

日本語版はこちらです。www.crossroad-tech.com Meta2 SDK has been updated to 2.6. There are several improvement. Index 0. Install and pre-check point 1. More stable tracking 2. New feature "Limited Mode" 3. Other improvement & change points …

Meta2のSDKが2.6になり、安定度改善とLimited Modeが追加されました

English version is here.www.crossroad-tech.com Meta2 SDKが2.6になりました。いくつか変化があったので、まとめておきます。 目次 0. 準備と注意点 1. 安定度改善 2. Limited Mode追加 3. その他変更・改善点 4. 終わりに

【Unity2017.3.1.p1版】Vuforia7.47とMixed Reality Tool KitでHoloLensアプリをビルドする手順あれこれ

VuforiaのHPを見ていたところ、Vuforiaのバージョンが7になっており、HoloLens用のサンプルが公開されていました。HoloLensやImmersive Headsetの開発環境は、今後も変化が激しいと思われるので、今回デプロイまで確認できた環境とその他Tipsをまとめました…

同じモデルをHoloLensとMeta2で表示したときの見え方を比較しました

先日のMeta2体験会で、@yashinut さんと話していたとき、HoloLensでカクつくモデルをMeta2で再生するとどうなるのか、という話になりました。以前書いたとおり、HoloLensは80,000ポリゴン(Tris)を超えるとカクつくようです。(引用) 実験による考察として、Ho…

Meta2体験会を開きました

株式会社Synamonさまのご厚意で会場をお借りして、Meta2体験会を開きました。 (Synamonさま、ありがとうございました )synamon.jp 告知直前で申し訳ありませんが、2/15 19:30-20:30で、@Synamon_jp (https://t.co/gkOR8PxvJX) さんのオフィスでMeta2体験会を…

Meta2 SDK 2.5で追加されたサンプルを試してみました

以前、Meta2 SDK 2.5の紹介をしたとき、サンプルプロジェクトがあることを書きました。www.crossroad-tech.com今回はこれを試してみました。blog.metavision.com 目次 1. サンプルプロジェクトの内容 2. プロジェクトのダウンロードと準備 3. 動作確認 4. 終…

【Unity2017.2.0f3版】Unityタイムラインの5つの基本機能の使い方と、Cinema Directorとの違いを整理しました

Unity2017になってタイムライン機能が追加されました。通常のUnityの処理ではソースコードベースでシーンを制御するのに対して、タイムラインを使うとシーケンスベースでシーンを制御できます。便利なのですが、ざっと試した感じではタイムラインには色々癖…

Meta2のSDKが2.5になり、安定度改善やチュートリアルアプリが復活しました

Meta2のSDKが2.5.0に更新されました。変更点が多かったのでまとめておきます。 目次 1. SDKのインストール方法 2. Meta2 SDK 2.5.0での大きな変更点 2-1. 安定性が増した 2-2. 不具合発生時にメッセージが出るようになった 2-3. ハンド操作のチュートリアル…

アメリカでレストランを簡単に予約できるサービス「OpenTable」の使い方をまとめました

たまたま見つけたのですが、簡単に利用できて便利だったので紹介します。===== 目次 1 . OpenTableとは? 1-1. 会社情報 1-2. 対応エリア 2. OpenTableの使い方 2-1. OpenTableの予約方法 2-2. お店でやること 3.おわりに =====

Unity使いから見た、LumberyardとUnityの違い

この記事は、Lumberyard アドベントカレンダーの18日目の記事です。前回は PaperSlothさんの投稿でした。papersloth.hatenablog.com 今回はUnityの使用経験から、LumberyardとUnityの違いについて書いてみたいと思います。===== 項目 環境構築 プロジェ…

Lumberyardのインストールに関する基礎知識

この記事は、Lumberyard アドベントカレンダーの13日目の記事です。前回は シモダジュンヤさんの投稿でした。medium.com 今回はLumberyard初心者の私が、インストール関係について書いてみたいと思います。 私がLumberyardの存在を知ったのは、GDC2016の発表…

UnityARKitRemoteでデプロイせずに動作確認をする方法と、Tipsあれこれ

Appleから発表されたARKitは、Xcode用のサンプルだけでなく、Unityのプラグインも公開されており、Unityでアプリ開発が可能です。しかし、UnityでiOSアプリを作る場合、UnityでXcodeプロジェクトをビルド、XCodeからiOSデバイスにデプロイ、という2段階の手…

Xcodeで、iPhone name is busy: Preparing debugger support for iPhone が出てデプロイが進まないときの対処法

XcodeでiPhoneにアプリをデプロイする方法は以前紹介したとおりですが、今回、タイトルのようなエラーがでてデプロイが進みませんでした。簡単なメモですが、対処方法を記載しておきます。 【現象】 XcodeとiPhoneを接続し、デプロイ操作をすると、以下のよ…

当ブログにおけるプライバシーポリシー

当ブログに掲載されている広告について 当ブログでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。 そのため、「Cookie」を通じて情報を収集することがあります。「Cookie」はブログ訪問者が当ブログにアクセスした際、使用するコンピ…

9月、10月のmeetup発表

ここ最近、いくつかのmeetupで発表する機会をいただきましたので、まとめて概要を紹介したいと思います。 1. 2017/9/15 日本のコミュニティ紹介 海外Microsoft MVPの方に、日本のコミュニティを紹介する会での発表です。私が主に活動している領域は、Unityを…

Meta2 について(Unity SDK解説編)

Meta2のアプリ開発方法はUnityかOpenVRの2択があります。しかし、OpenVRはまだ一部しか機能実装されてないようなので、現時点では実質Unity一択と考えて良いと思います。今回は、MetaのUnity SDKを調べて、構成や使い方を整理してみました。これまでの開封…

Windows10のインストールから始めてWinMR向けの環境を作りました

最近のニュースの通り、Windows Mixed Reality Headsetが各社から発売されました。japan.cnet.com多くの方はノートPCで作業されていると思いますが、私はデスクトップを使っており、しかも今回はOSのインストールから実施しました。あてはまる方はいないかも…

Meta2について(環境構築編)

前回から間が空いてしまいましたが、Meta2のセットアップ手順をまとめました。前回の開封編はこちらです。magicbullet.hatenablog.jpなお、Meta SDKのバージョンは2.4.0です。 (スクリーンショットにはv2.3.0のものも混じっています)===== 目次 0. PC…

UnityエンジニアがXCodeでiOSアプリをつくるときに調べた、UnityとXCodeの違い

以前書いた記事のアクセス数が多いことと、最近注目されているARKitを使って、XCodeでいつかiOSアプリを作ることを想定し、Unityで作る場合との違いを比較してみました。Unityは使っているけど、XCodeはあまり知らない(私のことです、、)という方の参考にな…

Microsoft Visual C++ Runtime LibraryからRuntime Error!が出たときの対処方法

タイトル通りですが、Windowsを使っていると、アプリケーションによってはこのようなエラーが出ることがあります。私の場合は、Meta2というHead Mount Displayのチュートリアルアプリケーションを起動したときに、このエラーが出ました。ご参考;Meta2につい…

Meta2について(開封編)

Meta1のときと同様、申し込みから1年半かかりましたが、ようやくMeta2が届きました。 Meta2とは、Meta社が販売しているHead Mount Display(HMD)です。現実空間の上にCGを重ねて表示したり、目の前に色々な情報を出すことができます。以前Meta1という開発者…

VR Hub Tokyo #3 に行ってきました

19/7に、VR Hub Tokyoというmeet upで発表してきました。 このコミュニティイベントには初めて参加したので、発表内容だけでなく、どんなコミュニティかの紹介もしたいと思います。またVR Hub Tokyoは、「 Impact Hub Tokyo」から生まれたコミュニティのよう…

【Unityアセットアドカレ】Shader Forgeでナイトプールを作ろう!

この記事は「Unity アセット真夏のアドベントカレンダー 2017」の最終日の記事です。昨日はjojomonさんによる、「【Unity】Embedded BrowserとVrGrabberを使ってVR空間で簡単ブラウザ操作 - VR Mastodon」でした。最終日は、Shaderをノードベースで作成でき…

【Untyアセットアドカレ】Set Pass Callを劇的に減らす「Mesh Baker」の使い方と、HoloLensでの動作結果

==== 2017/8/21 追記 5章の考察に、Set Pass Callsが200程度のモデルをHoloLensで見た場合の結果を追記しました ==== この記事は「Unity アセット真夏のアドベントカレンダー 2017」の13日目の記事です。昨日はkazumalabさんによる、「【Unity アセ…

Spatial Mappingのメッシュを動かさずに、キーボード操作をする方法

HoloLensのアプリケーション開発手段として、従来のHoloTool Kitに加えて、MR Design Labというプロジェクトがあります。これは、一部HoloToolKitのSDKを含みつつも、ユーザー操作機能が拡張されています。Unityで使う基本的な準備方法は下記にまとめたので…

HoloLensのUIサンプル「MR Design Lab Unity」の概要と、gitを使わない環境構築手順

HoloLensのアプリ開発にはHoloTool Kitを使うことが一般的ですが、2017年6月、Microsoftより新しい開発方法が発表されました。これはMR Design Labと呼ばれるもので、HoloLens(あるいはImmersive Deviceも含む)のUIやデザインのガイドライン的なものです。し…

世界初のVRカンファレンス「Japan VR Fest in Cluster」で、MRとSpatialUIについて発表しました

2017/7/22、VR開発者カンファレンスでMRについて発表しましたので、発表内容などをまとめました。 ======== 目次 1. Japan VR FestとClusterとは? 2. 発表したもの 3. Spatial UIとは? 4. 今作っているSpatial UI 5. 今後について ========

Visual Studio CodeでRe:View執筆をするプラグイン

==== Re:Vivewの基本的な使い方は下記を参照ください。magicbullet.hatenablog.jp ====@dy_karous さんより、エディタとしてAtom以外にVisual Studio Codeでのプラグインが公開されていることを教えていただきました。 インストール方法はVSCodeを開…