Cross Road

Unity、VR、MR、ARを中心とした技術ブログ

ARCoreで保存したPoint Cloudを色付きでUnityに出力しました

point cloudにcolor情報を追記した例

前回、ARCoreのPoint CloudをAndroidスマートフォンに保存する方法を紹介しました。

www.crossroad-tech.com

今回は、Point Cloudに一致する色情報を出力する方法をまとめました。

動作確認環境

Unity2017.4.4f1
ARCore SDK 1.2.0
Android 8.1.0

目次

1. Point Cloudとは?

2. Point Cloudに色をつける方法

3. 保存してUnityで確認する方法

4. 終わりに

続きを読む

【Unity】任意のパスにARCore Point Cloudの値をcsvで書き出す

PointCloudのデータ取得結果の例

ARCoreのPoint Cloudを調べています。UnityでAndroidアプリのデータ書き出し処理を作るのに意外に手間取ったので、まずはPoint Cloudデータのファイル 書き出しの手順をまとめました。

ARCoreを例に書いていますが、UnityでAndroidスマートフォンの任意の場所にファイル 書き出しをしたい、という場合にも使えると思います。

以下で動作確認しています。

・Unity2017.4.4f1
・Android8.1.0
・jdk1.8.0_171.jdk

目次

1. 背景

2. 構築手順

3. 動作確認結果

4. 終わりに

続きを読む

【ARCore1.2.0版】iPhoneとAndroidでCloud Anchorの環境構築

ARCore1.2のCloud Anchorを使ってAndroidとiOS端末でanchorを共有できた結果
2018/5/8-10に開催されたGoogle I/Oで、ARCoreのver1.2が発表されました。その中にはCloud Anchorという新機能もありました。

ARCore Overview  |  ARCore  |  Google Developers

Cloud Anchorとは、ARCoreによって認識した環境情報をクラウド上にアップロードし、他の端末でも環境情報を共有する機能です。なお、「他の端末」には、iOSも含まれます。

そこで、iPhoneとAndroidでCloud Anchorの動作確認をしてみました。公式HPに手順が載っているのですが、ページがあちこち飛んでわかりづらいところもあったので、一通りの手順をまとめてみました。

なお、今回はXCodeとAndroid Studioを使用しましたが、どちらもUnityを使うことが可能です。

=====

目次

1. Cloud Anchorに使うFirebaseの設定

2. Cloud Anchorに使うGoogle Cloud Platformの設定

3. Xcodeの設定

4. Android Studioの設定

5. 動作確認

6. 終わりに

=====

続きを読む

【Meta2 SDK2.7報告】リフレッシュレート72Hz、SLAM精度改善しました

Meta2 SDK2.7のTurnTableSwipe sample sceneのgif動画


Meta2のSDKが2.7になりました。変化をまとめておきます。

動作確認した環境

・Unity2017.3.1p1

・Windows 10 (version 1709, OS build : 16299.371)

・GTX 980

=====

目次

0. 準備と注意点

1. Meta2 SDKのRelease Note概要

2. Meta2 Unity SDKのRelease Note概要

3. 終わりに

=====

続きを読む

UnityのTimelineで、逃げ恥OP風に文字がたくさん浮かぶシーンを作りました

逃げ恥風OP画像

先日参加した結婚式で、動画作成を依頼されました。

動画の中に「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」オープニングの雰囲気を入れることになり、それをUnityで作りました。

それっぽい雰囲気で盛り上げるのが目的なのでオリジナル要素も入ってますが、せっかくなので作り方を紹介したいと思います。

使用したツール
Unity2017.3.1.f1
Photoshop CC 2018
Blender 2.79


=====

目次

1. 逃げ恥で参考にした箇所

2. 3Dテキストの作成

3. Unityでエフェクトをつける

4. Timeline機能でテキストをタイミングよく表示させる

5. 書き出し

6. (補足)Blenderでモデルを作るときにつまづいた箇所と解決方法

7. 終わりに

=====

続きを読む

Mac Book Proが壊れたときにデータを吸い出せたお話

先週、突然ディスプレイが映らない、キーボード部分が光らない、が起こり、MacBookが壊れました。

直前にやっていたことは、After EffectsやPremiere Proで動画編集していたくらいなのですが、、

色々試して、最終的にデータの吸い出しまではできたので、その方法を紹介したいと思います。

続きを読む

PubNubとUnityで、仮想通貨取引所BitFlyer APIからTickerを取得しました

Meta2で作ったAR Webブラウザ

少し前になりますが、先月のMeta2体験会に備えて仮想通貨周りを調べたことがありました。


(ここでは仮想通貨の取引所のHPを空間に浮かべるブラウザアプリをデモしました)

調べている中で、bitFlyerがPubNub経由で情報を公開していることがわかりました。

また、PubNubはUnityでも使えることがわかったので、今回はbitFlyerのPubNub経由の情報をUnity表示する方法を整理しました。

目次

0. 仮想通貨のAPI概要

1. PubNubとは?

2. Unityで使うための準備

3. bitFlyerのTickerをUnityで表示する

4. 終わりに

続きを読む

Meta2 SDK ver 2.6! More stable and new feature "Limited Mode"

Meta Home launcher at SDK 2.6


日本語版はこちらです。

www.crossroad-tech.com


Meta2 SDK has been updated to 2.6. There are several improvement.

Index

0. Install and pre-check point

1. More stable tracking

2. New feature "Limited Mode"

3. Other improvement & change points

4. My impression

続きを読む